ミューノアージュを教えるからさ

  • 投稿日:
  • by

「ねえねえ」会社の昼休み智子が声をかけてきた。「最近きれいになったよね、何使ってるの?」智子はちょっとわがままな所がある。意地悪して教えないでいようかなと思った。

「ちょっと教えてくれたらイビサのランチおごるから」イビサは近くの高級イタリアン。よし手を打とう。

前菜を食べながら、最近化粧品を変えた事を話す。「ミューノアージュという商品でね、美容医療で行われるヒアルロンサンなどの注入が自宅で出来るの」

彼女は料理より、私の肌の方が気になって仕方ないらしい。マリネを横から頂いた。「ミューノアージュ・・知らない。注入ってどうやってするの?」「パッチみたいなのを貼るだけ、皮膚科の専門医が開発したらしいの」

メインパスタに添えられたカニを取り上げても何も言わない。

「どこで買える?」「インターネットが便利ね、ミューノアージュはスターターキットがあるから最初はそれでいいんじゃない」

「分かった、ミューノアージュね、あっこのデザートもあげる」満足なランチだったけど、こりゃ太りそうだ。